略して「バンプリ」。レトロゲー好きの結構マイナーなニコマスPのブログです。 とりあえずもうちょっと更新しないとなぁ…。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SFCの「ワイルドトラックス」を購入~♪
任天堂から発売されたレースゲームです。
wildtrax0
wildtrax1
スーパーFXチップというものが付いてるらしく、グラフィックは初期のプレステのようです。操作感はクセがある感がしますが、コミカルで面白いです。1クラス4レースで、合計タイムで競います。最初のノービスクラスはかなりぬるいですが、その次のエキスパートからは練習も必要で結構楽しいです。まだエキスパートもクリアしてませんがw
あと、「ベストタイムを目指すあなたへの8カ条」というカードもついてまして、それが何かゲームセンターCXのマリオカートの時を思い出したw
スポンサーサイト

【2010/02/20 23:09】 | SFC
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
先日とりあえず動画もひと段落ということで、数日間ゲームしっぱなしでした。


09.10.12-0

09.10.13-209.10.13-3


見降ろし型のアクションゲームで、奇々怪界シリーズの中でも特に評価が高いようです。
ストーリーは、アーケードだった前作の数年後、西洋妖怪とともに日本征服にやってきた謎の怪人黒マントから日本を守るため、七福神に仕える巫女「小夜」が化け狸の「魔奴狸(まぬけ)」とともに黒マントを退治しに行くというもの。
難易度はふつうで始めたんですが、それでも難易度は高めかと思います。
最初のステージはあっさりクリアできたもののそれ以降はステージごとに一時間半くらい余裕でハマってしまい、特にステージ5、6に至っては合計で7~8時間くらいつまりっぱなしでした。(ぶっ続けではないですけどw)
とはいえ、一見理不尽に見えても打開方法はちゃんとあり、コンティニューも無限なので一か所進んでは試行錯誤を繰り返せばクリアできるゲームで、バランスがかなり絶妙で、非常におススメです。


ちなみにステージセレクトの裏技「キャラ選択の画面で、カーソルをキャラに合わせてXとYを押しながら、A4回、B4回、A、B、A、B、A、B、A、B、と入力してスタート」
これがないと正直つらいかと思います。


追記を閉じる▲

【2009/10/13 20:19】 | SFC
トラックバック(0) |
突然思い出したように購入。箱、説明書付きで200円でした。一昨日、大阪日本橋で見たときは裸ソフトで300円だったので、これは結構得したかも。
08.20-1

人間と機械人間ギジンが暮らす「コルロ島」が舞台で、今まで仲良かった両者が対立し始めます。で、その状況を打開するために開発されたのが4649型「ピーノ」です。目的はピーノに組み込まれた回路Jを起動させること。
このゲーム、発売当時すごくハマったソフトのうちの1つで、ジブリっぽい世界観とか、ピーノの動きの細かさとかすごく好きでした。
ただ、終盤がやたら難しくて挫折しましたけど…。
世話役のティンカーという小さなギジンを動かしてピーノに指示を出したり叱ったりほめたりしていろいろなことを教えて課題をクリアしていくゲームです。
さっきも言いましたけど、ピーノの動きが細かいんです。

運動能力が低いと、何もないところで何度も転んでしまいますし…
8.20-3

運動能力ばかりあげて知性を上げていないと本を投げてしまいます。(運動能力が上がると知性が下がりやすい)
8.20-3
他にも、動物を丸のみしたり本を破いたり扉を開けるときに祈り始めたりといろんなことをしてくれますw
長いしやたら難しいですけど、機会があればどうぞ。

【2009/08/20 13:56】 | SFC
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。